« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

倉本聰さんの講演

爺湖有珠山ジオパークで倉本さんのご講演を聞きました。『当たり前の生活を求めて』とのテーマでしたが、地球の活動を垣間見ることが出来るのがジオパークだ。大事にしてほしいsign01と締めくくられました。現在、倉本さんと伊藤和明さん(日本ジオパーク委員会会長)と三松三朗さん(昭和新山の所有者)の対談中ですが、46億年の地球を語りあっています。ご高齢のお三人の濃厚なお話にはジオの味がします。

2011年9月29日 (木)

第二回日本ジオパーク全国大会

 JGNの理事会・臨時総会と第二回日本ジオパーク全国大会参加のため洞爺湖有珠山ジオパークに来ています。昨日の理事会・臨時総会では、世界ジオパークに認定されたことのご報告とそのお礼を申し上げましたが、多くの皆さんからお祝いを受け、また新たな感慨を覚えています?。?本当にGGNになったんだなあーと 一方、来年(24年10月予定)室戸市で第三回日本ジオパーク全国大会の開催が決定しました 
初代のJGN、また国内5番目となるGGNとして恥ない全国大会にしなければなりません。関係者のご指導ご支援をお願いしました。
本日は新たにJGNに認定された9地域の皆さんへの認定式もありました。
段々とジオパークメンバーが増えて活気づいておりますが、その認知度はまだまだです。
JGNとして政府要望をまとめて永田町にアピールしようと理事会で提案しました。
今後の検討となりましたが、国内のジオパークも各地域間による取り組み濃淡が深そうです!

2011年9月21日 (水)

GGN認定への琉球からの贈り物

sun私は佐喜浜町の中尾という集落で生まれました。

佐喜浜川上流4km~8kmに位置する場所で、現在では最上流集落です。

その昔(太古の時代?)は、佐喜浜町の都だったとか・・・・?

そこに地元の集会所がありますが、中尾公民館と称されています。

その庭に、なんと秋に咲く「桜」が満開で・・・・・といっても2年ほど前に植えた苗木のような小さな桜の木ですが。

その廻りに毎年花を咲かせてくれる綺麗な花が今年も咲き乱れて・・・・・名前がわかりません!

どなたかご存じの方おりましたら教えて下さい!

その桜の写真とろうとカメラを用意しますと、なんと珍しい蝶々が飛んでまして捕獲しました。

蝶々の長崎先生にご報告しますと、琉球ムラサキのメスでは・・・?

兎に角美しい蝶々でした。

世界ジオパークのお祝いではと思った次第ですsign03

残念ながら写真は上手く撮れませんでしたが・・・。

Syuku

Syuku_2

Syuku_3

2011年9月20日 (火)

室津港の夕暮れが素晴らしい!

sun世界ジオパークに室戸ジオパークが認定されて、どう変わるのか!どう変われるのか!私たち室戸市民ひとりひとりの思いと行動にかかっているsign01


室戸ジオパークの夕日は特別だ!こじゃんと素敵だsign01
オヤジ馬鹿ですが、カメラアングルの素晴らしい自慢の娘が撮影した室津港です。
世界ジオパークに認定されて一段とふる里が輝いて見えるのは私だけでしょうか。
是非、皆さんも世界ジオパークとなった室戸ジオパークの夕日を楽しみませんかsign03
この大自然の室戸ジオパークの神秘は、皆さんのご期待を裏切ることはありませんきcoldsweats01
一日一日成長する生物のように、一歩一歩前進する室戸ジオパークの成長を感じることが出来るぜよsign01
この鼓動こそ、地球の成長だと信じちゅうけんど、おまんらにわかるろうか!
どういたち、見極めてもらいたいけんど・・・・!

2011年9月19日 (月)

お詫びと訂正

世界ジオパークネットワーク(GGN)は、今回(23.9.17)のノルウェーランゲスンで発表された新たな認定は10地域で、以前の地域数に加えて87地域となりましたが、昨日のブログに88地域と間違いを書いていました。

お詫びして訂正させていただきます!

現在のGGNは、27ヵ国に87地域のジオパークが加盟となり、その内の一に「室戸ジオパーク」が認定されたものです。

2011年9月18日 (日)

念願達成!GGN決定だ!

upsun室戸ジオパーク世界ジオパークネットワーク(GGN)に認証され、GGNへの加盟 が決定したsign03

平成23年9月18日(日)午前4時15分頃、ノルウェーランゲスンにいる小松市長より、インターネットを介して中継があり、世界ジオパークに決定したとの報告があった。

やったーsign03おめでとうsign01

市役所の会議室に審査発表を見ようと足を運んでくれた150名余りが一斉に立ち上がり拍手が湧いた。

私もhappy01「やったーsign03」と思わず拳を突き上げていたupscissors

<審査結果を待つ会場の様子>

Photo_10

<報道関係者も多く駆けつけて頂いて>

Photo_2

<GGN決定の結果を受けてくす玉を割りました>

Photo

<一番にご苦労をおかけした吉倉先生を中央に、左から、田中、植田、吉倉、北村、祖父江と並びました。お宝の一枚です!>

Photo_3

<室戸商品開発倶楽部のジオグッズのTシャツで決め込んでくれました西尾さん!胸には、世界ジオパークを目指す!と英語で書かれています。懐かしい思い出になります!>

Photo_9
お断りもなく勝手に載せて西尾さんごめんなさい!あまりにもいいお顔といいTシャツだったものですから!

<世界ジオパークに認定をされたその早朝の室戸岬です!中岡慎太郎像の裏手の展望台の恋人の聖地から写しました。>

Photo_5

<室戸岬月見ケ浜で花火も打ち上げられました!>

Photo_6

Photo_7

Photo_8










兎に角、おめでたいことですsign03

ここ一ケ月余り心配で緊張してきた思いが一気に爆発しましたannoy

ふるさと室戸が世界ジオパークに認定をされ、世界の仲間いりup

四国では初の快挙で、全国で5番目となる。

世界ジオパークは、今回の発表で10地域が新たに認定され、世界の27ヶ国に87地域のジオパークとなった。

室戸ジオパークもその仲間入りを果たせたが、勝負はこれからです。

このビッグチャンスをどう活かして室戸の発展に、市民の幸せに結ぶのかがとわれるcoldsweats01

みんなで力を合わせて世界のジオパークとなった誇りを高く頑張ろうsign03

2011年9月16日 (金)

rain毎日の雨にまいっています。

ブロッコリーの苗が育っているのに定植する畑づくりができないo(;△;)o

童心にもどってテルテル坊主作ってみましたcoldsweats01

効果がありますよにsign02

室戸ジオパークのGGN申請書紹介

sun室戸ジオパークの3回目(今回)のGGN申請書をこのブログで紹介していましたが、「室戸ジオパーク推進協議会」でネット検索しますと、原本がそのまま見られますのでブログ紹介を中止します。

是非、GGN申請書を復習してみてください!

一層、GGN発表が楽しめますよsign01

回想

sun室戸ジオパークの取り組みを回想してみるが、平成20年6月12日に室戸ジオパーク推進協議会を創設して3年が過ぎた。

その間、3度のGGN申請に挑戦をし、初代の日本ジオパークに認定されたものの、GGN申請の国内候補地選定に2回落選した。

18日早朝のGGN審査発表を前に、真崎裕史高知新聞室戸支局長の取材を受けて、ジオパークとの出会いから協議会発足、3度のGGN申請の取り組みを思い返すが、時系列にならない。

GGN申請の3回の取り組みが重層して、メランジュになっている。

でも、この3年間の室戸ジオパーク活動は、確実に隆起してきたし、更に隆起を続けている。

GGN申請のプレゼンテーションに3回とも参加をしてきたが、初回はGUPIの川崎さんが主な説明にたち、2回目は会長挨拶のもと私が事務局の手伝いを頂きながら登壇、3回目は柴田先生がバッチリ決めた。

しかし、GGN申請は、申請するかどうかの判断に議論が始まり、更に、申請書作成に苦悩する。

そして、プレゼン用のパワーポイントなどその資料作成と発表、その後JGC(日本ジオパーク委員会)の現地調査となるが、その都度問題は発生する。

室戸ジオパークの取り組みの反省や今後の課題をまとめ、魅力ある室戸ジオパーク創造のためにも、私流に回想してみたいと思う・・・。

室戸は今、ジオパーク活動を通じて国内外の沢山の皆さんとの出会いが大きな財産となっている。

GGN申請の発表を前に、こうした方々との連携を更に深めつつ、ジオパーク活動が室戸市の産業・教育文化・生活の発展振興につなげ、元気をとりもどさなければならnaiと決意新たにしているuphappy01

2011年9月15日 (木)

GGN審査発表カウントダウン

sunいよいよ世界ジオパークネットワーク(GGN)に加盟できるかどうか、その審査発表の日が近づいたsign03sign01トッキンドッキンしています(゚ー゚;

GGN審査発表の行われるノルウェーランゲスンの場所を地図で探してみました。

              <ノルウェーオスロ>

Photo
オスロを南下して、サンネフヨルとクラーゲレーの真ん中付近です!

Photo_3

クラーゲレーの右上の方に、「Langesund」とありますが、この位置(ランゲスン)です。

                 Photo_8


その発表は、ノルウェーのランゲスンで行われる欧州ジオパークネットワーク(EGN)会議の中で発表されることから、室戸ジオパーク推進協議会の小松会長(室戸市長)と事務局員等5名が参加し、現地からの中継放送が行われる予定となっています。

日本とノルウェーの時間差が7時間あることから、室戸での発表予定時間は、9月18日の午前4時30分頃と見込んでいます。

室戸市役所(2階第一会議室)では、18日の午前3時30分から受付をはじめ、3時50分から開会で審査発表の結果を待つことになっています。

ご一緒に、GGN審査発表を楽しみませんかsign01

室戸ジオパーク推進協議会を創設して、世界ジオパークへの仲間入りを夢見て3年が過ぎました。

2回の苦渋をなめ、今回の3回目申請で国内候補地に選定され、この7月12日~15日にGGN審査の現地調査を受けての審査発表です。

紆余曲折ありましたが、3度目の正直とその結果を楽しみにしていますhappy01

思い返せば、初回の申請は、GUPI(NPO法人地質情報整備・活用機構)高知支部による「四国ジオパーク(室戸地区)」で申請(代表:吉倉紳一)しましたが、限られた情報やスタッフで環境整備の対策も具体化しないままに、兎に角、我が国で初めての取り組みであり手をあげることに意義あり!みたいなクソ馬力で申請しましたが、初代の日本ジオパーク(全国で7地域)に認定をされ、GGN申請への国内候補地には選定されませんでしたが、GGNに挑戦できる土台はここに築かれました。

室戸ジオパーク推進協議会の平名誉会長をはじめ、顧問、オブザーバになっていただき組織を盛り立ててくださった各団体の皆さんのお骨折りに始まり、急遽創設したGUPI高知支部はもとより、高知大学や高知工科大学、高知海洋コアセンターの皆様の強力な後押し、と云うよりもそうした皆様の主体的な取り組みの御陰だと私は受け止めています。

また、何よりも、尾崎県知事のバックアップは県庁を強力に動かし、室戸の推進体制の強化や県庁内部での推進支援体制の強化となったことで、取り組み体制ができました。

後になりましたが、渡辺さんをはじめとする産総研の皆さん、日本ジオパーク委員会(JGC)の皆さん、日本ジオパークネットワーク(JGN)の皆さんのご指導ご支援がその根幹にあることは申すまでもありません。

本当にありがとうございます。

ご一緒に喜びあえる結果を期待するものですが、いかなる結果になろうとも勝負はこれからです。

今後ともの、ご指導ご支援を何卒よろしくお願い致します。

私も微力ですが、世界の子供たちを迎えられる室戸ジオパークを目指して頑張りますup

2011年9月 4日 (日)

ブロッコリーと里芋

cloudrain昨日蒔いたブロッコリーの種苗トレイ(天気が悪く倉庫に置いてあった)を置く畝を作り、トレイを倉庫から出した。

2~3日で芽が出るとの事(普及所より頂いた資料によると)、いよいよ目が離せなくなる大事な時期に、入学している商人塾(5~7日)の日程が入り、高知泊まりとなっている。

欠席しようかと悩みながら、母に水やりをお願いできた・・・・が心配だ!

typhoon一方、期待の里芋が台風でやられた。台風だけでなく、与党虫の異常発生でその被害のひどいこと!永田町みたいです、なんちゃって!coldsweats01angry

やっぱり無農薬栽培というのは難しい。

やむなく防虫剤をかけたが効くかどうか心配だ。

里芋の葉っぱはつるつるで、散布した薬が水玉になって転げ落ちてしまう。虫にかけても知らんそぶりをしているような感じです。

その効果の程はどうか、明朝が楽しみだsmile

2011年9月 3日 (土)

台風

typhoon台風12号で被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。

兎に角、波がもの凄く高く、室戸から佐喜浜町に行くまでの国道に何箇所も海のゴミが打ち上げられていました。

特に、尾崎では国道を挟んで山手にある畑の石垣が波に飛ばされているなど、通行車両があったら大惨事になっていたかもしれません。

近年、高波や台風による国道への波の打ち上げ箇所が多くなっていることが心配されます。

地球規模での問題であろうかと思いますが、これもジオパーク活動での調査や学習、また情報提供の題材になります。

雨台風になるのではなどと聞いていましたが、久しぶりの台風らしい強風で、昨日(9月2日)は、倉庫のトタン屋根がはがれるなど大変でした。

本日も、まだ台風の風雨が残った一日でしたが、ブロッコリーの種を撒きました。

128穴の種苗トレイ40箱を家族や弟夫婦の手伝いもらってお昼までに終了happy01

初めてのブロッコリーづくりが始まりましたが・・・どうなります事やらcoldsweats01

台風のようなブロッコリー栽培が予期されたようで!

それでも予定通りの日程をクリアできて満足満足delicious

2011年9月 1日 (木)

ブロッコリー

sunraintyphoon一反余りの水田にブロッコリー(彩麟)を作付けすることにしました。

ブロッコリーを作るとの情報を聞いたと、尊敬しているN先輩がわざわざご指導に来てくれた。畝の立て方、種の巻き方、苗の育て方・・・・・涙の出るほど有り難い思いになりました。

種苗トレイもお古をもろちゃるきと段取りしてくれて・・・・。そんな先輩の後押しに気合いが入って、

今日は、台風の影響で天気が心配だったので、早朝に出かけ圃場の耕耘を行った。

稲藁や籾殻や糠などと苦土石灰を適度に入れて荒耕耘した。

降ったり止んだりの天気に往生したものの、予定の仕事がこなせ充実した一日となったhappy01

お百姓さんの卵confident、明日はchickになれるかなあーcoldsweats01

田舎は空気が美味い!特に、早朝の空気は素晴らしい!

こんな美味しい空気を室戸ジオ商品にできないものかと、ふとっ思った・・・think

ネット販売などできないものかと・・・・・(゚ー゚;

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ