« ブロッコリーと里芋 | トップページ | 回想 »

2011年9月15日 (木)

GGN審査発表カウントダウン

sunいよいよ世界ジオパークネットワーク(GGN)に加盟できるかどうか、その審査発表の日が近づいたsign03sign01トッキンドッキンしています(゚ー゚;

GGN審査発表の行われるノルウェーランゲスンの場所を地図で探してみました。

              <ノルウェーオスロ>

Photo
オスロを南下して、サンネフヨルとクラーゲレーの真ん中付近です!

Photo_3

クラーゲレーの右上の方に、「Langesund」とありますが、この位置(ランゲスン)です。

                 Photo_8


その発表は、ノルウェーのランゲスンで行われる欧州ジオパークネットワーク(EGN)会議の中で発表されることから、室戸ジオパーク推進協議会の小松会長(室戸市長)と事務局員等5名が参加し、現地からの中継放送が行われる予定となっています。

日本とノルウェーの時間差が7時間あることから、室戸での発表予定時間は、9月18日の午前4時30分頃と見込んでいます。

室戸市役所(2階第一会議室)では、18日の午前3時30分から受付をはじめ、3時50分から開会で審査発表の結果を待つことになっています。

ご一緒に、GGN審査発表を楽しみませんかsign01

室戸ジオパーク推進協議会を創設して、世界ジオパークへの仲間入りを夢見て3年が過ぎました。

2回の苦渋をなめ、今回の3回目申請で国内候補地に選定され、この7月12日~15日にGGN審査の現地調査を受けての審査発表です。

紆余曲折ありましたが、3度目の正直とその結果を楽しみにしていますhappy01

思い返せば、初回の申請は、GUPI(NPO法人地質情報整備・活用機構)高知支部による「四国ジオパーク(室戸地区)」で申請(代表:吉倉紳一)しましたが、限られた情報やスタッフで環境整備の対策も具体化しないままに、兎に角、我が国で初めての取り組みであり手をあげることに意義あり!みたいなクソ馬力で申請しましたが、初代の日本ジオパーク(全国で7地域)に認定をされ、GGN申請への国内候補地には選定されませんでしたが、GGNに挑戦できる土台はここに築かれました。

室戸ジオパーク推進協議会の平名誉会長をはじめ、顧問、オブザーバになっていただき組織を盛り立ててくださった各団体の皆さんのお骨折りに始まり、急遽創設したGUPI高知支部はもとより、高知大学や高知工科大学、高知海洋コアセンターの皆様の強力な後押し、と云うよりもそうした皆様の主体的な取り組みの御陰だと私は受け止めています。

また、何よりも、尾崎県知事のバックアップは県庁を強力に動かし、室戸の推進体制の強化や県庁内部での推進支援体制の強化となったことで、取り組み体制ができました。

後になりましたが、渡辺さんをはじめとする産総研の皆さん、日本ジオパーク委員会(JGC)の皆さん、日本ジオパークネットワーク(JGN)の皆さんのご指導ご支援がその根幹にあることは申すまでもありません。

本当にありがとうございます。

ご一緒に喜びあえる結果を期待するものですが、いかなる結果になろうとも勝負はこれからです。

今後ともの、ご指導ご支援を何卒よろしくお願い致します。

私も微力ですが、世界の子供たちを迎えられる室戸ジオパークを目指して頑張りますup

« ブロッコリーと里芋 | トップページ | 回想 »

室戸ジオパーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133319/41709101

この記事へのトラックバック一覧です: GGN審査発表カウントダウン:

« ブロッコリーと里芋 | トップページ | 回想 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ