« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

窯出し

sun土佐備長炭を製炭する松本さんの窯出し(焼けた炭を釜から出す作業で、製炭業の最も大変な作業、炭を出し始めて終わるまで18時間から20時間ぐらいかかる)を手伝った。

いつも大変お世話になっている松本いさんへの手戻しといったことでのお手伝いでしたが、もう20年も余ってトビ(炭を引き出す道具)を手にしたことがなく、しかも体力勝負でもあり、足でまといにならないようにとの思いを秘めて、夕刻の7半ごろ炭窯に着いた。

松本さんご夫婦で午後の4時ごろ炭窯の口を切った(炭を出し始めることを言う)とのこと、

久々の窯出しに不安と炭の焼け具合(良い炭は長ら<原木の状態>で出てくるが、悪い炭はここ炭<短く折れて出てくる>と言われる)への期待が錯綜した気持ちになっていた。

深夜、手伝い手が2名応援に駆けつけてくれ5人の作業になった。

窯出しは、長いトビで「おこし」といって窯にくべてある原木(うまめがし)のままに焼けた炭を少し手前に寄せて「ねらす」(酸素を加えて燃えきっていない木の皮などを燃やして炭を硬質にする工程)、約10分程度。

その後、短いトビで炭を出して「すばい」(真っ赤に焼けた炭にかぶせる<土>のこと)をきせる。

こうした工程を、何十回も繰り返す作業で「窯出し=出窯」と言う。

1000度を余る窯の中では、最も硬質な原木のうまめがしが炭化され、真っ赤(朝日のようなエネルギッシュなオレンジ色)に燃えている。

室戸ジオサイトにも位置づけられているが、私たちが、最も身近くにできるマグマのようなエネルギーを感じます。

一晩中、ワイワイがやがや雑談しながら炭を出す!

久しぶりのトビに緊張(素人は長い炭を折るので)もしたが、新鮮さと炭の焼け具合の良さに感動しながら一夜を明けた。

翌朝9時半ごろ終了した。

いい汗を出せた充実感と裏腹に、眠気が襲うけだるい一日となったが、その後、今年最後の稲刈りをして一日を終了。

夕食も取らずにバッタンキュウー!となった。

炭の出し口。ここからステンレスで作られたトビを入れて真っ赤に焼けた炭を出す。

Photo_15

長いトビで炭を引き寄せる。

Photo_17

Photo_18

出し口で少しの時間ねらす。

Photo

窯の中で燃える備長炭。

Photo_17

窯出しが終了した頃に、原木のうばめがしが運ばれてきた。        

Photo_16

2011年8月19日 (金)

苔玉

sun室戸ジオパークはGGN審査結果が目前だ。

室戸ジオパークが最も注目を浴びる期間だ。

かつてないビッグチャンスに室戸市がある。

この機に、何かはじめよう!

何かに取り組もう!

新たな商品開発にも取り組もう!

初めての作。苔玉を作ってみました。

谷間に居座る佐喜浜メランジュ(火成岩)の岩岩に生える苔を頂いて苔玉を作ってみました。

ジオの恵みだと受け入れ商品化します。

商品名はジオ玉(丸は地球のマルを表現)か?

色んな発想が隆起してきます!coldsweats01

Photo

Koke2

Koke3_2


これはヒトツバ(ウラボシ科)です。

苔は、アツフサゴケ、タカノメリンスゴケなど何種類かの苔類が混ざっています。

産業振興のビッグチャンス

sun室戸ジオパークのGGN審査の結果発表の日が刻々と近づく。

室戸市民一人一人、何かできることがあるのではないか。

室戸ジオパークのGGN審査の結果発表の機会は、

産業振興のビッグチャンス!

教育振興のビグチャンス!

防災の充実強化にビッグチャンス!

と捉えています。

教育の現場にある方は教育の場で、防災の現場にある方は防災の場で、農林水産業を営む方々は農林水産業の場で、観光事業や宿泊業を営む方々はその場で、商店街の皆さん方は商店街の場で・・・・・、それぞれの持ち場でそれぞれの振興発展の転機として、或いは、好転させる大きなチャンスと捉えて何かに挑戦する機会にして欲しいsign01

余力があれば、新たな取り組みに挑戦することへのビッグチャンスでもあります。

私も、6次産業へのチャレンジに一歩踏み出そうと準備を進めています。

と言っても、田舎での生活基盤づくりは容易ではありません。

五畝五野菜で地元住民消費農業から挑戦!

田舎暮らしを楽しむ第一歩だと確信して、室戸ジオパークを楽しくする一策につなげるhappy01

2011年8月17日 (水)

GGN審査の発表

sun室戸ジオパークは、この7月12日~15日に世界ジオパークネットワーク(GGN)の審査を受けた。

その審査発表が9月17日ノルウェーで行われる予定となっている。

GGN加盟は、室戸ジオパークの名誉であるが、その義務や責任も発生する。

とりわけ、室戸市を元気に活性化できる最高のチャンスである。

市民一人一人のジオパークの関心を高め、教育はもとより産業、文化、観光、防災など室戸市民の生活全てを世界に評価されるよう、背伸びすることなく将来を展望して、着実な歩を基盤としたい!

とわ申せ、GGNの発表を前に、その緊張と注目の高まりを室戸ジオパークの転機として、大きく飛躍できる仕組みづくりも完成させたい。

あまり時間もないが、GGN発表記念商品やイベント、ツアーなどなど地域を楽しく元気にするチャンスをものにしたいものだ。

小生も商品開発やビッグイベントを模索中!

産業振興につなげられるような取り組みを構築したい。

Sugi2

Photo_2

Sugi3_3

階段においた間伐材の丸切りが、どこかほっとした癒しの空間をもたらしてくれます。
ジオお土産品にと検討中sign01

何事にも挑戦しますhappy01coldsweats01

室戸の資源を活かしたお土産品やイベント、仕組みづくりなど室戸ジオパークを元気にするご提案頂けたら幸いです。



2011年8月16日 (火)

お盆

中尾地区(常会)では、お盆に「みずもり」という行事がある。

8月14日の早朝に、川原にでて水の流水域にお墓をつくりお参りをするという風習です。

川の石をお墓に似てつくり、シキミをたてて松を燃やし、川の方からお参りをするといった儀式です。

お盆になると、先祖が川から帰ってくる、とのいわれだとか?

高齢化が進み、数年前よりやめようか!との意見が聞かれるが続けられている。

素晴らしいことだ!

この14日の朝の「みずもり」は、お盆帰りの懐かしい方々にお会いできる交流の場ともなっており、年に一度の常会の方々の親睦行事、是非、ジオパーク活動の一環としても残していきたいものだが・・・・!

来年の8月14日の朝も佐喜浜川に集まることができるのか、ちょっと心配をしています!

2011年8月12日 (金)

お墓の掃除

平成5年に山の事故で他界した父と、お世話させて頂くいている小堀家のお墓の掃除をした。

一人での墓掃除は初めてのように思うが、草をむしりながら父が喜んでくれているように思えた。

県議初当選して間もないころ、父が一人で県議会に傍聴に来てくれたことがある。

炭焼きの仕事一筋で余り社会や経済のことを父と話した記憶はないが、政治や歴史が得意だったように思う。

宍喰町で炭を焼いていた時、私は3~4才だったと思うが、父に阿波踊りを見に連れていてもらい、暑いなか肩車をして見せてもらった記憶がよみがえった。

父との思い出は、そのことと大学時代に上京してくれたことぐらいで、後は朝星夜星で仕事する父母の背中をみて育った。

そんな父が議員に立候補するときに背を押してくれたんだろうなと、余り実感にない思いを整理した。

お墓の掃除は、久しぶりの父と再会できた一時となった。

2011年8月 5日 (金)

チヌの放流

sun 毎年、日本釣振興会高知県支部がチヌの放流を行っていますが、今年は8月3日に室戸岬漁港に来ていただいた。(吉川漁港・大山岬港・行当漁港・室戸岬漁港に15,000匹を放流)

室戸岬保育所の園児や先生方にも加わって頂いて楽しく放流ができました。

NHKさんや高知新聞さん、むろと光ネットさんの取材も受けアピールできました。

ちなみに、チヌは「クロダイ」というタイ科の仲間で、オスからメスに性転換をする珍し魚です。

2~3歳までは精巣を発達させるが、4~5歳になると卵巣が発達する。

釣り愛好者には人気のあるfishです!

Photo_2

Photo_3

Tinu3

Tinu4

2011年8月 4日 (木)

パソコン教室

sun昨日、高知大学ではちきん塾のパソコン教室に参加した。

ワードとエクセルの基本を指導してもらえ教室ですが、ワード・エクセルを使いながら操作方法(グラフや票などの作り方や計算方法や%の出し方など)が分からず悔しい思いをしていた課題をクリアできた。

もう少し高度な技術(パワーポイントの動画など)を学んで、いよいよネット事業への具現化に挑戦する。

栽培すること、加工すること、パッケージ開発、販売の構想を公表できる日が近づきつつあるsunupsign01

やる気大盛り。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ