« ヤマモモ熟す | トップページ | 県道草刈2 »

2011年6月29日 (水)

県道草刈り

NPO法人佐喜浜元気プロジェクトの理事長に急遽(5月27日)就任したところが、次から次へとやりたい事ばかりで、一方、地域での問題が多発するなど、一人ひとりの県民の生き方が見えるようで、かなり勉強になる充実した毎日を過ごさせて頂いている。

問題は生活(稼ぎ)ですが、お米も野菜もお肉(猪肉・シカ肉)も食うことには困らないのでまあーいいかなどと甘えていると、税金や子供への仕送り、ローンなどいままで女房まかせで認識なかった生活のつらさがしみじみと感じたりして、いまさらながら、実生活の厳しさを味わい始めています。

そこで、といったことでもないですが、今日はNPO法人で今回初めて受託した県道の草刈りを社員と一緒に取り組んだ。

久しぶりに草刈り機を手にしたが、DNAは健在のようでスピードは遅いが苦痛には感じない・・・と言うより面白い!朝6時から3時間あまり汗をかいた。

まだ、手が震えてるがいい感じです。

明日もまた、朝5時から始めるぞーとやる気満々の社員に挑発されて、その準備をした。

問題は、目が覚めて起き上がることができるかだが・・・・・coldsweats01

« ヤマモモ熟す | トップページ | 県道草刈2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤマモモ熟す
 熟したヤマモモ、大嗜好者は涎が滴り落ちる。この実、オオモモかカメゾウか・・・! 木にあるうちは美味このうえないが、木から離れ落ちたモモは忽ち腐敗が始まり悪臭を発する。その臭い事臭い事、何方もご存知。
 さて、悪臭と云えば、植木枝盛の「香芸紀行」土陽新聞連載(明治二十二(1890)年)に以下の様な記事がある。
四月二十日 ・・・山を登り西寺に詣す。・・・坂を下る此い津呂沖に鯨舟の騒動するを見る。・・・此の鯨は已に腐敗し居りて、其の肉、最早食うべからず。去れど、其の價は壹百五十有餘圓ありと。噫斯鯨の如きは悪臭堪ゆべからざるほどに、腐敗し居るにもせよ、猶ほ且つ此の如きの価値あり。而して、世上政党の仮面を蒙り、悪臭鼻を突くばかりに腐敗する者、果たして壹百有半の価値ありや、甚だ訝しく存するなり。とある。
 とある妖怪、いつまで世上を彷徨い悪臭を撒き散らすのか・・・! とある腐敗妖怪、民に一つの益無しえきなし益無し。

 NPO法人佐喜浜元気プロジェクトの理事長就任、遅くなりましたが、おめでとうございます。

 今出来ることを今やるしか、ないのです。

 新たな出発を、新たな組織をつくって、自ら汗をかいていることは、素晴らしいですね。

 いままで内外の地域活動を牽引してきた組織が疲れ始めています。そうした方々にもたまには目を配ってあげてください。

 

激励メールに励まされています!
なかなか奥の深いお話が詰まっていて何とやら・・・・・

土佐国奈半利事務所でご相談しましたが、国道の草刈は許可出ませんでした!

ゴミ拾いやクリーンカンペーンならOKです。

NPOで「ふれあい海道」への登録を考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133319/40604414

この記事へのトラックバック一覧です: 県道草刈り:

« ヤマモモ熟す | トップページ | 県道草刈2 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ