« 室戸小学生による鯨舟唄と鯨舟競漕の写真 | トップページ | GGN申請へのJGCによる現地調査日程 »

2010年7月22日 (木)

やった-!室戸市に光ファイバーが入るぞ-!

これはGGN加盟をめざす室戸ジオパークの最高の基盤整備だとの思いでカテゴリーを室戸ジオパークにしました。

室戸市の浮津に「むろと光ネット」事務所が開設され、室戸市木下副市長を初め関係者ご出席のもと、厳粛な中にも暖かな希望の充満するオープニングセレモニーが開催されました。

私も来賓祝辞の機会を頂き、20年近い県議会活動の中において最も嬉しい一日になったことと、Fビットコミュニケーション株式会社の吉本社長のふるさと室戸を思う気持ちが室戸市長を動かし事業の実現になったことへの深謝の気持ちを述べました。

また、政府の新成長戦略の要として、ICTの利活用で潜在成長率の底上げを図ろうとする方針や、文部科学省のデジタル教科書の検討や経済産業省の次世代送電網の大規模な実証事業のスタートなど、70兆円規模の生産額拡大と350万人の雇用を期待していることがマスコミ報道されていることや、2009年度末のインターネット利用者は、9408万人(78%)にのぼり、携帯電話などモバイル端末の利用者は、8010万人と、正しく、誰もが、いつでも、どこでもネット利用のできるユビキタス世界の実現となったことなどの報道があること紹介しました。

室戸市もこうした国のICT利活用の施策に取り残されないような基盤整備が吉本社長の肝いりで整備できることになった。

他の地域から学びに来るようなICT利活用で室戸市の新たな町づくりに取り組もうとのご挨拶をさせていただきました。

いよいよ、室戸にも大きなチャンス到来!・・・と言いましても、私の県議生活の中に何度もこの言葉を使いましたが、事実そうしたチャンスをものに出来なかった反省があります。

例えば、明石大橋の開通やディプシーワールドのオープンなど、他の地域からうらやまれるような室戸興しのチャンスをものに出来なかったことは大きな反省です。

しかし、今度の光ファイバー整備は、室戸を変える最大のチャンスです。

以前の反省を活かしてフィバーできるよう全力で頑張ります。

皆さんも是非ネット利活用で幸せな生活を創造しましょう!

« 室戸小学生による鯨舟唄と鯨舟競漕の写真 | トップページ | GGN申請へのJGCによる現地調査日程 »

室戸ジオパーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133319/35856439

この記事へのトラックバック一覧です: やった-!室戸市に光ファイバーが入るぞ-!:

« 室戸小学生による鯨舟唄と鯨舟競漕の写真 | トップページ | GGN申請へのJGCによる現地調査日程 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ