« 第一回日本ジオパーク記念事業(俳句会の開催) | トップページ | 韓国全羅南道木浦市の政務調査 »

2009年2月 8日 (日)

室戸ジオパーク巡検(フィールド学習会)写真追加

室戸ジオパーク推進協議会は、昨年12月にshine「日本ジオパークに認定」shineされたことを記念していくつかの事業を企画をしています。

その第二回として、高知地質研究会の皆さんの定例巡検に共催させて頂き、室戸ジオパークのフィールド学習会を2月1日(日)に開催しましたので写真で紹介します。

Sityouaisatu_2

新村海岸に60名余りが参加して頂き、室戸ジオパーク推進協議会の小松会長(室戸市長)の挨拶で始まりました。

講師(ガイド)は、吉倉先生(高知大教授)、南先生(室戸高校教諭)、竹島先生(西高校教諭)がそれぞれ3班に分かれてフィールドでの説明が行われた。

Yosikura 吉倉先生のフィールドに入る前の説明

Minami 南先生の説明

Sutato_simura 皆で新村海岸に向かう。

国道55号線のすぐそばで安全な場所でさまざまな地層が横たわっています。

陸地がどのように出来上がっているのかが分かる場所でもあります。

Simura_rennkonn 

竹島先生が蓮痕<れんこん>(海底の砂が波の動きによりできた渚の化石)の説明をしています。

リップルマークとも言います。

Sannpann_simurakaigann_2

新村海岸の特徴は、砂泥互層の付加体が見事な大自然のアートになっていることや、その生い立ちが褶曲やタービナイト、鉄岩石の誕生や地震の化石、生痕化石などが解明される室戸の主要なジオポイントの宝庫です。

3班に分かれて、それぞれで説明を受けました。

Syukyoku_simura

新村海岸の砂岩層(白っぽく見える部分)と泥岩層(黒っぽくへこんで見える部分)が互層になっているが、曲がりくねっている。

本来なら硬い岩石がどうして曲がっているのか不思議である。

褶曲<しゅうきょく>(堆積当時水平であった地層が、地殻変動のため波状に曲がる現象)

Sadeigosou_simura_2

新村海岸の地層は約3800万年前にできた地層と言われている

Simada_setumei_2

室戸岬のみくろ洞の前で、観光ガイド(4人の市の職員)の紹介を、室戸市観光協会の島田会長が紹介して、4班に分かれて出発しました。初めてガイド役を務める方もおりました。

みくろ洞や室戸岬乱礁遊歩道(室戸ジオパークの主要なジオポイントが沢山あります)

みくろ洞は、海食洞ですが、海食台(皆さんが立っている場所)や海食崖<かいしょくがい>(皆さんンお立っている背後の位置で、海食によってできた崖)の説明がされた。

Yonnpannniwakare_mikurodou_2 4班に分かれて、さあ出発sign01

Notti_misaki

みくろ洞の前の「行水の池」の場所ですが、ノッチ(岩石の下の部分が波によって削られ湾曲したもの)の見られる岩にヤッコカンザシの巣跡が残っている。

空海の修行されたの1200年昔で、その時にこの池で行水をされたと伝えられているが、地質学的にみると1200年むかしはまだ海の中にあった場所であると説明される。

岩石についているヤッコカンザシ(海に住むゴカイのような甲殻類の虫で、石灰質でできた巣は汀線につくられる)の巣跡がノッチの上下に残っていて、その分析により年代が解明されている。

Yuuhodou_syuuzeturann

室戸岬の乱礁遊歩道の一面です。

リュウゼツランの枯れ花が2本そびえ立っていました。

手前の岩石は、ハンレイ岩です。

Yuuhodou_tuterunisi

遊歩道には、トベラやアコウやウバメガシの群落など海浜の植物群落が楽しめます。

Yuuhodou_hoterusita

中央に見える岩は、エボシ岩(烏帽子に似ている)と言われハンレイ岩です。

剪定された遊歩道もアートのようで楽しさいっぱいです。

Hodou_umamekokage

ウマメの木アーチ

Kodakara_yuuhodou

子授けの岩

Aroe アロエ

                        中岡慎太郎像一直線Sinntarou_zou

Owakare_aisatu_2

途中の写真を掲載できませんでしたが、初めての観光ガイドとは思えないようなご案内に大きく拍手がおこりました。

ガイドさんご苦労様でしたsign03

« 第一回日本ジオパーク記念事業(俳句会の開催) | トップページ | 韓国全羅南道木浦市の政務調査 »

室戸ジオパーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133319/27884667

この記事へのトラックバック一覧です: 室戸ジオパーク巡検(フィールド学習会)写真追加:

« 第一回日本ジオパーク記念事業(俳句会の開催) | トップページ | 韓国全羅南道木浦市の政務調査 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ